ダイエットと女性ホルモンの関係

女の体形としてはふっくらがよいという人がいますが、普段着の大きさ持続が一つのコンセプトです。

それに夕食の惣菜は和食、脂っこいものとかお肉は少量で済ませています。

俗に言うところのハードなダイエットとは異なるので普段暮らしはまずまず、それに多めに増加した経験から若干増大したら食事とおやつをすり合わせします。

体質としては太りにくいですが、気温が上がってぽかぽかと暖かくなると腰周囲がふっくらします。

一年を通してみれば太りやすいのは3月から5月のころ、それから初夏の気温になれば体温膨れ上がるするので、体力を消耗し増大した分が減ります。

でも意識してダイエットかというと、気温急上昇の気候状況で自然な維持。

何故ならぼってりした脂肪分は減らしてスリムが小粋であり、真夏頃合の体脂肪は好ましくないなというのが感性です。

だから2キロ増大したと思ったら即ダイエット・生活、ボリューム感の菓子パンとかロールケーキ、こういった高カロリー食品は敬遠します。

ボディーのラインが細すぎるというのも女子の引き寄せられるがないと考えますが、腰周囲がぼってりしたステータスはスタイリッシュにマイナスであり、炭水化物を減らしたりして体形を維持しています。

要因としては寒〜い真冬ポイントからの体内がほぐれて新陳代謝急上昇、そこそこ食べても真冬は太らなかったのに体液の巡りがよくなり、びしっと栄養になるみたいです。

デフォルト体重から数キロ増加してぼてっとした時分があったので、ある意味この体質はダイエットのパフォーマンスがよいと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です