食事は女性ホルモンに関係ある?

女性としてのホルモン・バランスの節目は、50代前半から中盤でした。40代から50代の時期には心身両面の症状があると知っていましたが、仕事とプライベートに忙しくしていたのでまずまずで通過できるだろうと思っていました。

それはちょうど生理の節目でもあり毎月が不順の状態、専門的な知識がありませんでしたし、婦人科の診療に通院しました。更年期の症状は体質とか体力で人それぞれだと思いますが、どちらかというと生理の症状とかお腹のハリでした。この状況が落着くまでには2~3か月、婦人科で処方の漢方のお薬しばらく飲んだり、食生活の改善してみました。

それまでは朝の時間が忙しいのでトーストに飲み物という感じでしたが、年齢症状に効果のある方法を検索し、朝食をごはんと味噌汁のスタイルにしました。そのようにしてみると案外ベストと感じたのが味噌汁、和風の風味に気持ちがなごんでホッとしました。それに漢方処方が効いたのか、その後婦人科から内科処方にシフトしてからはまずまず通常通りの生活スタイルでした。

その頃は症状緩和のコラーゲンとかプラセンタのサプリは知識がなかったので、症状が落着いてからインターネットのサイトでチョイスしました。なのでアドバイスとしたら普段の食生活の改善、日本人にベストな和食ですごしてみたらよいと思います。最近はプラセンタのサプリメントが以前よりポピュラーなので、フラコラ・サプリメントは一つの緩和要素。でもサプリメントのみでは症状というより、食事とか生活リズムの見直しと改善が最適ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です